銀行での融資と消費者金融でのキャッシングの違いについて

消費者金融会社と、銀行それぞれの金融商品では、金利が違うことがわかります。

金利が高いほうが消費者金融会社であり、銀行はより低い金利で融資が受けられます。

銀行の融資とキャッシングはお金を借りるという点では同じですが、大きく異なることもたくさんあります。

使途を明確にした上でなければ、銀行では融資を受けることができません。

銀行が融資をする時には、まず、何のためのお金なのかをはっきりさせて、家なら買いたい家をはっきりさせて、そのための融資をしています。

そのため、銀行から融資を受ける場合、借りたお金を何に使うかはっきりさせることと、借り入れた本人の資産を審査によって確認して、融資を決めます。

借り入れ金額や、金利も、審査の内容に基づいて決定されることになりますので、希望の金額を融資してもらえないこともあるようです。

多くの場合、銀行は融資をする時に入念に審査をして、担保となる土地や建物の評価や、申込み者の信用の程度について確認した上で判断するので、労力がかかっています。

一方、キャッシングは銀行融資の審査と比べると条件は厳しくなく、借りたお金の使途も自由なのが最大の特徴です。

使い道に制限がないので、キャッシングをフリーローンと表現することもあります。

借り入れの時に金利が高めであることが、消費者金融会社のキャッシングの特徴です。

キャッシングは、審査にあまり時間をかけないので、借りたものの返せなくなる人が多く、リスク回避のための高金利です。